電気の有効活用を考える~太陽光発電について~

企業の環境配慮

太陽光発電の企業での普及について

企業においては環境に配慮した様々な取組を行って来ていまして、例えば提供する商品開発において、ムダの少ない製品形状としたり或は商品で使用する材料をリサイクル性も考慮したものにするなど対応しています。また商品を製造する過程で使用する電気などの使用量を減らす取組も図られてきており、例えば製造設備を電力使用量の少ないタイプに変えたりしています。そして従来は使用する全電力の供給を電量会社に頼っていたのですが、最近では太陽光発電を事務所や工場に設置するなどして、自社で使用する電力の一部を自ら賄える様にしてきています。これによって、太陽光発電の価格は量産化によって低下して行き、お求めやすい価格へと変わってきています。

発電装置の価格動向について

そして太陽光発電の発電パネルは、国内のみでなく海外メーカーも製造販売を行っていて、価格競争に打ち勝つために、国内メーカーにおいては単位面積の発電量を高めたり、或は長期使用時の発電量の低下を少なくするなどで差別化を図り、太陽光発電の一定の価格を維持してきています。今後も、多くの企業で太陽光発電を設置してゆく事が予測され、これは企業が遊休地などを有効活用する手段としても検討を進めているからです。これは遊休地に大規模な発電施設を構えて、発電した電力を買い取ってもらう事で、太陽光発電を会社の事業として位置付ける会社が増えて来ているのです。これらの流れを受けた発電パネルの更なる価格低下と、一般家庭での普及が望まれます。

Copyright ©2015 電気の有効活用を考える~太陽光発電について~ All Rights Reserved.

Designed from css3templates.co.uk